気功継続プログラムフェーズ2-6 講義レポート

フェーズ2-第6回目(2009.12.13(日)開催分)

・人間が人間を越えていく部分へのあこがれを大切にする。
合気道の塩田剛三先生は、怪しいことやオカルトは大嫌いの、ものすごく強い人だった。その塩田先生が、「(合気道創始者)植芝盛平先生は、弾丸をよけた。」と言う。神経の伝達速度よりも速く、まるで予知しているとしか思えないほどの早さ。講師が知っている何人かの達人たちは、力学を超えているという。

・全脳を使い適切な判断をする方法とは?
両手を根本からぎゅっと組んでみると、右か左かどちらかが上だと違和感があるのが普通。それは小周天の流れと関係している。右が上、左が上と、何回かくり返して握っていくと、違和感がなくなる。そうなった時に、あなたの両方の脳が立ち上がる。その時適切な判断が、できる。会議で重要決定しなければならない時など使ったらいい。これを教えたある経営者は、「これは使える!」と言って、ビジネスが大成功したからと言ってこなくなった。

・小周天の手印〔実習〕
気の流れが明確にわからないのなら、身体を練ることが足らない。身体を練り続けると、あなたの身体の自覚が出てくる。この小周天の手印をすると、息が楽なのがハッキリわかる。気感というのは、物質の気・人間の気がわからなくても、使うことはできる。呼吸でわからなければ、筋力テストで確認すればいい。気の流れの感覚が自覚できたら、経絡に流せるようになる。十二正経や小周天ルートに通す。命を補給し生命エネルギーを活性化する。色々な使い方がある。

・実力差がある相手の対応「拝み倒しの法」とは?
経営者の方は覚えておくといい。子供に、大人は絶対全力をふるえないのと同様に、実力差があればあるほど、強制的にいうことを聞かせる効果的な方法。相手の心の一番深い部分と、私の心の一番深い部分は、全て繋がっている領域がある。個人の意識を超えた集合意識のようなもの。気の能力を使う我々だから使える。相手と戦う前に、相手が強いということを認識して、「ごめん。君強いから、負けて」と言う。すると、相手の力が、実力差があればあるほど、全力が入らなくなる。弱いもの同士、強いもの同士では、使えない。卑屈になって頼んではいけない。この方法で、講師が知っている人は、世界のトップセールスマンになっている。

・人の心に入るツボ「脳戸」とは?
その名の通り、脳の扉。表面の意識をはぎ、内側に入っていく場所。その部分に手を当てるようなニュアンスで、エネルギーを送りながらエネルギーで温かくなり、つながった感覚が出たら、あなたが思ったことが相手に伝わる。悪いことには使わない。よい情報を書き込んでいく。「治る治る、きっと治る」「できるできる、きっと出来る。」と。頭には、心の深い部分に入れるUSBの差込口が用意されていて、これは数少ないスイッチ。

・人はどんな人でもよい人間。
難しい病気で困っている人には、心の中で「良い人間になります。ありがとうございました。」と3回必ず言ってもらう。人はどんな人でも、よい人間。そのよい人間こそが、自然治癒力と、生命力を司っている張本人。私たちの命が最後の最後、元気になり、活性化するのは、その人の中の良い人間にかかっている。超意識やハイヤーセルフのようなもの。その人の奥底に眠っている良い人間にアクセスできたら、半分以上は勝ったようなもの。
この方法で、自ら末期の肺がんで余命3日の人が助かってしまったことがある。人が持っている一番大きな能力は、自分以外の事を考えられること。手から出すエネルギーは、外部の空間のエネルギーが加わり、個人の限界を超えていくことをイメージし引き寄せる。

・奇跡的治癒に時間はいらない。
ルルドの泉で患者が治る話。このような奇跡的治癒が行なわれるときに、多くの場合は、激しい痛みを伴うことが多いらしい。そしてその激痛が過ぎ去った時にはもう治っている。また、その際には、本人の信念も必要になるが、本人以外のものが、代わりに信じてあげてもこの奇跡的治癒が行なわれると書籍には書いてある。エネルギーを手から出すときに、どう思うか、どう考えるかを学ぶ。

・松果体の活性化は悟りに繋がる「松果体の活性化」伝授
松果体は、頭の中のチャクラ。悟りとつながりがある。神仏と繋がるためにも活性化が必要。本当に願いを叶えるために必要なのも同じく松果体の活性化。小周天や天うつしを行ない、中脈にエネルギーを通していくと、頭の真ん中にもエネルギーが通り、松果体が徐々に浄化され活性化し、動き始め、普通の人以上の最高の能力を発揮できるようになる。思ったことが現実化する力があれば、あとは必要なことを思えばいいだけ。とても都合がいい。

・小周天~大周天を習得することで得ることとは?
あなたの中に小さく巡る宇宙がある、ミクロコスモス。これが小周天。小さくめぐっているあなたの身体の中の気が、大いなる世界と連動し、天となる世界である大宇宙と繋がることを大周天。大宇宙は小宇宙と同じシステムで、それらの宇宙は、すべてあなたの中にある。それを味わってください。味わえるのは、この身体がある間だけだから。身体がある間は、サーバを通じて、さまざまな世界を見ることができる。背骨の柔軟さで、自由度が増す。だから体操が大事。あらゆるものからの自由を「悟り」と言った。運命からも、重力からも、因縁、時間と空間の枠を超えて、自由に羽ばたきたいのなら、小周天をやるべきだ。これは、人が自由になるための具体的なメソッド。人生思い通りに生きれる究極の願望実現。あなたがこの世のキーパーソンとなり、あなたが周りを幸せに変えていく、原動力となる。

・その他
印を組んだ小周天の再確認と次へのステップの実習
良からぬ流れをカットする、百会の流れを切る訓練〔実習〕
大自然のエネルギーを入れるヒーリング実習
天うつしで事業運改善の実習
八重浄霊表の使い方と質疑応答
文字で頭をよくするワーク〔実習〕
背骨、蝶形骨・仙骨の矯正の実習
<伝授>「天うつし」能力の伝授、「大周天」能力伝授
<配布>第12回目講義資料(全22頁)、目標達成、願望実現を叶えるCD

2-6-1.jpg2-6-2.jpg

・この講義終了後の受講生の感想
あっと言う間の1年でした。1年前の自分と何百倍も進化できたと思います。(K.Y様)
毎回盛りだくさんの内容で素晴らしかったです。今まで色々なセミナーに参加しましたが、自分の人生で最も役に立つセミナーでした。これからもよろしくお願いします。(Y.K様)
1年間、本当にたくさんのことを教えて頂き、思えば遠くに来てしまったという感じです。あきっぽい私が、ここまで続けてこられたのは先生と講座のお陰です。とても幸せです。(K.N様)

その他、気功継続プログラムの他の講義レポートは こちら をご覧ください。

気功継続プログラムにご興味のある方は《こちら》をご覧ください。