気功継続プログラムフェーズ2-2 講義レポート

フェーズ2-第2回目(2009.8.9(日)開催分)

・メッセージを純粋に抽出することとは?
嫌いな人の報告書はあら捜しをしたりする。メッセージをそのまま汲み取ることが難しい。テクスト主義に徹する。パーソナリティとテキストを切り離して読むことを指す。この考え方は、コミュニケーションの本質を説いている。

・曼荼羅的発想
元は、空海の発想。いつも集合体を考える。すると、ある理論が成立する範囲が出てくるが、成立しない範囲も出る。それらが全てリンクしながら調和的な世界を保っているという考え方。曼荼羅は色々な仏様が描かれている図。仏様以外にも、妖怪変化魑魅魍魎まで描いてあり、それが全部集まって一つの統一としての全体像になっているという悟りを開いている。集合論。

・苦しい時にお金で祓う方法
貨幣経済の本質は呪術である。あなたが貧乏であれば、貧乏だという呪(しゅ)にかかっている。台湾のお金持ちから教わった、貧乏だったら祓えばいい。悪い運を切る方法。

・コミュニケーションを円滑にすることとは?
あなたの脳波を優しくすればいい。興奮し、怒り、イライラしている時には話が聞けない。穏やかな時は、相手の話を聞ける。脳波を下げ、フラットで自由な自分に変わることが準備。受け取れる器になれるかどうかが、コミュニケーション論の本質。コミュニケーションの相手は、人だけでなく世界、お金、植物、すべてである。

・誕生日は、1年間で一番最悪の日とは?
エネルギーのポテンシャルが一番下がっている日。周りから「おめでとう」エネルギーをもらう。

・その他
浄化や活性化の色の効果と説明
コミュニケーションを司る身体のある部分の説明
色でコミュニケーションを円滑にする実習
あなたに向けられた敵意を解消するエネルギーの実習
気功組み手の実習
自分も相手も共によい方向に変化する方法〔実習〕
<伝授>「コミュニケーション能力」伝授
<配布>第8回目講義資料(全24頁)、交渉力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション力が高まるCD

2-2-1.jpg2-2-2.jpg

・この講義終了後の受講生の感想
コミュニケーションの力はこれからよりよく生きていくための原動力になると感じました。お金の問題も特別視することなく、コミュニケーションの応用だとわかり納得です。(A.Y様)
お金の事は常に気がかりとしてあるので、今回のお札は、お祓いのお札と一緒いう考え方は非常に新しい発見でした。もっとキチンと扱いたいと思います(H.S様)
とても高度な話で、はじめてのNLPの話から、空海の話までつながって、難しいと、思いながらも、自分のものにしたいと思いました。不思議ながら有意義でした。(H.Y様)

その他、気功継続プログラムの他の講義レポートは こちら をご覧ください。

気功継続プログラムにご興味のある方は《こちら》をご覧ください。