アナログの有効性

一番頭がよくなるのはアナログのペーパーです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際にあなたも体験したことがあるのではないでしょうか。

スマホの画面でニュースなどを読んでいると、
「あれ?文意が取れない。どこを読んでいたんだろう?」と。

読んでいるはずなのに、心に残らない。
なぜなら、脳が動いていないから。

文部科学省の方針で、将来的に教科書はデータ化され、
場所も取らず、いつでもどこでも読めるようになるようですが、

それでは、脳は働きません。
便利になったけれど、残念ながら記憶に残りません。

逆に、そのデータをプリントアウトしてペーパーにすると、
同じ文字を読むだけで、脳のほとんどの場所が働きます。

つまりペーパーにした途端、左右脳が使われはじめる。

不思議に思いますが、画面で見ても脳は動きません。
なぜなら、絵だと思っているからです。

これは気のエネルギーなど関係なく
脳生理学的にすでにわかっている事実。

これは、同じ情報であっても、
本で読んでいる時とスマホやパソコンで見ている時では、
脳が全く違う作業になっているという発見です。

つまり、スマホだと脳のほとんどが休んでいます。

だから経営者の皆さん、あなたが大きな決定をする際に、
スマホやパソコンの情報で判断してはいけませんよ。

その情報を一度紙にプリントアウトして見ないと、
あなたの脳は考えていないからです。

これは現代人の私たちが見落としがちな脳の使い方。
情報はアナログのほうが有効なのです。

デジタルは音楽や絵など、既成概念を外した
エモーショナルな新しいクリエイションにはいいでしょう。

しかし、先人の文化は学ぶことはできません。

そして、個人のセンスで
どれだけ天才といってもできる仕事は限られます。

もしあなたに、
ダ・ヴィンチやミケランジェロのセンスがあっても、

絵の具、色、油、乾かす処理など、油絵1枚描くにも
膨大な職人としての工程である先人の智恵が必要です。

それはアナログで引き継ぐ必要があります。

スマホだけだと野蛮人に先祖帰りしてしまう。
文化の継承に失敗してしまう可能性があるからだ。

本物の学習とは、自分にとっての差異や違和感。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

世界から同じものを見つけるのでは、
幼児期の学習と同じ。

頭がいい人は、相手が言うことがわかり、
自分と同じ部分があるとわかった上で、

相手のオリジナリティを見れる人。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

しかしほとんどの人は、
最初の段階で終わってしまいます。

つまり、「あなたの言うことはわかった。
でも、あなたのことが嫌い。」と。

「わかる」のに必要なステップはこの3つ。

-+-+-

1番:あなたの言っていることがわかった。
2番:私とあなたは同じところがあるよね。
3番:私とあなたは違うところがあるよね。

-+-+-

あなたが「あぁ、わかったよ」という時、
この3ステップまでわかってほしい。

この時、あなたが頼れる上司や先輩になれる。
でも、そのためには脳を使わないとダメだ。

スマホやパソコンの文章を見て、意見が合わないと、
すごく攻撃的なメールを返信してしまう。

それでは脳を使っていないスマホ脳と同じ。

違和感、差異、自分と違うものを、
出来事や情報として自分の中に包み込むように取り込み、
丸呑みして消化して、自分のものにする。

その時、世界に私とあなたの両者が存在し、
私が知らなかった情報によって成長しチェンジする。

でもそんな変わっていける時に得た
最初の情報は、あまり面白くないかもしれない。

なぜなら、今のあなたにはわからないものだから。
わからないがゆえに、つまらないと思う。

でもそのつまらないと切り捨てたものの中に、
あなたの将来にとって重要な情報が隠れていたりする。

先日、ノーベル賞を取ったボブ・デュラン。

最初は連絡が取れずこのまま放棄するかと思っていたが、
最終的には受賞を受けたらしい。

私の理解では、このボブ・デュランは、
ずっと今のことを言っている人だと思う。

戦争反対、人殺しいらない、でもこの社会に
馴染んでいくのも無理。自分が好きなのは音楽だけ。
時代の背景としてヒッピームブメントや反戦運動があった。

核や環境汚染で、会社や世界が自分の利益のために、
でも個人には無益のような時代に対して、

彼はすごくトンガリながらアコースティックギター1本で、
今話したことを考えてるように思う。

私とあなたは違うよね。でも同じ川で流されているよね。
同じ所と違う所があるよね。でもこの川はどこに流れているのか?
本当は世界自身も知らないのだよ、と。

何をしたらいいのか、戦争がいいのか、愛がいいのか、
どこに行けばいいのか世界も我も両方わからず流されていく、と。

その時、唯一できることは、
何かをすることではなく、考えること。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

考えて何かをすればいいけれど、
考えずに何かをしたらきっと後悔する。

考えて答えが当ればいいけれど、もし間違っていても、
考えた結果なら仕方が無いとそこから離れていける。

他のピッピーは、ラブアンドピースで、
一緒につながっていこうと言い、そして一緒に戦った。

そこは、あなたと私が同志という思いしかない。
同志を作れば、その反対の存在が敵になることと同じ。

ゆえに「私とあなたは一緒」「でも違うところがある」
「そしてその外の世界もあるよね」の3つが全て必要。

これは核心。
「できる人」にも「引き寄せの法則」にとっても。

・いいことがあれば、いいことが集まっていく
・運が悪ければ、悪いことが増えていく

これは、引き寄せの法則だけれども、
昔風に言えば因果応報ともいえる。

そして、同じものが引き寄せられるということは、
興味がないことは引き寄せられない。

そして成功したければ
そのことを望め!という教えであるがゆえに、

「できっこない」と思えば
「できっこない」現実を引き寄せる。

つまり、引き寄せの法則は、
成功の法則であり失敗の法則のベースとなる。

しかし、一般的な引き寄せの法則は、
「私とあなたは一緒」の部分しか言及されていない。

それを包み込む世界があるという点を見落としがち。

しかし包み込むその世界がよい世界であれば、
当然よいことをあなたに引き寄せてこれる。

そのよい世界は、エネルギーでできているのだから、
この教室で1日で手に入れる「プラスのエネルギー」が
幸せの鍵になっていくのですよ。

・・・この内容は、先日行った1日セミナーより、
ほんの一部をお届けしました。

この教室では、私たちが当たり前に思っていることを
最新の情報と新たな視点でパラダイムシフトを促し、

どんなことで困っていても
あなたが解決していく方法を提案していきます。

そして、たとえたった1回の出会いでも
あなたが一生使えるスキルと技術を提供しています。

しかも、信じる必要はまったくありません。
眉唾のままでもいいので、ただ使えばいいだけ。

1日集中セミナーは、2種類ご用意しています。
どちらも毎回満足度90%以上の人気のセミナーです。

………………………………………………………………

あなたの限界を突破する!できる人の気功術セミナー

願望実現の秘密の魔法!引き寄せの気功術セミナー

………………………………………………………………

ご参加をお待ちしております。